医療費

   子どもの医療費助成制度で、都と全国18の政令都市に大きな開きがあるそうです。
 
   多くの自治体では対象年齢や助成額を拡充しているが

  東京23区は突出して手厚く、中学生まで患者負担分を全額助成。

  (多摩地区の26市は10月から通院医療費1回200円まで自己負担。

  入院医療費の自己負担は無料)

   政令市ではさいたま、横浜、静岡、名古屋、川崎は入院医療費を中学生まで無料。

   助成を就学時前に限定しているのは、仙台、千葉、堺、岡山、広島、北九州、福岡の7市。
 

   子どもの医療助成は各市町村が都道府県の補助を受けて実施するか、

   独自に助成するケースがほとんど。  だそうです。

  5月5日の東京新聞

  チョットしたケガでも医療費が無料なのは親としては有り難いでしょうね。

  医療の御世話にならないのが一番ですが、日々動き回っている子ども達はそうもいかないです。

  子ども達が健やかに育ってくれることを願っています。

  子どもは人類の宝。 命を守りましょう。

 e0010263_16125034.jpg

href="http://blog.with2.net/link.php?111861" target="_blank">ここをclick








 
[PR]
by ygigant | 2009-06-29 16:20


<< シックハウス敏感度を判定 光化学スモッグ注意報 >>