「ほっ」と。キャンペーン

熱中症

熱中症の症状
 熱中症の起こる訳

 人は体温が上昇すると、汗をかいて体温を下げようとします。しかし、気温や湿度が高かったり、激しい運動で、冷却機能が体内での熱の発生に追いつかず、熱が身体にたまります。

 血液中の水分と塩分、カルシウム、カリウム等の電化質のバランスが崩れ、体温の上昇や、意識障害を起こすのです。
 
 熱中症の症状
1.熱性けいれん

 大量に汗をかいたときに、水分だけの補給だと、血液中の電解質が低下し、手足や腹部などの筋肉のけいれんを起こします。

 2.熱疲労

 暑さで気分が悪くなり、大量に汗をかき、めまい、頭痛、吐き気などを起こした状態。

 顔色は青白く、皮膚が冷たく汗ばむこともある。

 症状が進むと皮膚が乾燥、紅潮し、体温が上昇。
  
 「日射病」は太陽の直射による熱疲労のこと。

 3.熱射病
 
 熱疲労が進行した重篤な状態。

体温調節が働かなくなり、体温が40度Cを肥える。意識障害、全身けいれん、筋硬直などが現れる。

手当が遅れれば、ショックや臓器不全を起こし、死亡することもある。

 夏本番になったような今日の気候は充分に気をつけてください。

ここをclick
[PR]
by ygigant | 2010-07-10 16:01


<< 本日は、投票日 美味しいレシピ >>