日本発

 日本の抗菌技術がグローバルスタンダード(国際規格)に承認される

 2007年9月、日本に於ける抗菌加工性評価試験法(JIS Z 2801)が

 国際規格(ISO 22196)として承認されました。

 日本の先進技術と細菌を殺すのではなく細菌と共生する

 という日本の風土文化に根ざした考え方が、世界標準として認められました。

 ISO承認までの間に、参加国の賛同を得るために、

 湿潤な日本風土の中で腐ることもなく建ち続けている木造建築の法隆寺を案内し、

 生活者の声を反映した「柿の葉寿司」「笹寿司」

 "KOHKIN"という智恵の伝統を紹介するなどの努力がなされたそうです。


 経済産業省 より


ここをclick
[PR]
by ygigant | 2008-04-14 14:46


<< 品薄のバター 全日本馬場馬術選手権大会 >>