2005年 09月 27日 ( 1 )

そうだ!献血行こう!

すっかり秋らしくなってまいりました。
あと一ヶ月もすると、治療院の前に大量の葉が落ち、
掃除するのが本当に大変になります。毎年うんざりな主任です。

昨日テレビで「デッドエイジ」なる番組をやっていました。
昔のものや今のものを見せて、これ知ってるのはいくつの年齢まで?
というのを検証するクイズ番組です。

少し見ましたが、「ああ、明らかに僕は老け側にまわってきてるんだなぁ」と
実感した今日この頃です。

その中のひとつにでてきた「シブシブ」。僕は全く知りませんでしたが、
若い人の間では有名だそうで、これ澁谷にある「SHIBU2」という
献血ルーム。

何で評判なのかというと、一回献血すればそこにあるマンガ・映画見放題、
お菓子やジュースも飲み放題、しかも最新のゲームまでできてしまうという。
まぁタダでマンガ喫茶に行けるという感覚らしいです。
・・・でもよく考えたら3ヶ月に1回しかいけないんですよね?ん、まぁいいか。

しかし以前のようにボールペンもらえるだけじゃ、今は血液差し出さない
時代なんですな。
何かしら見返りがなければ手を差し伸べないのね、っと
ちょっと寂しさも感じましたが、でも、理由はどうあれ献血者が増えると
いうことは大変いいことです。

だいぶ前に「ホワイトバンド」が販売されて、今どこに行っても売り切れ状態ですね。
世界中で貧困に苦しむ子どもたちを助けようという目的から作られた商品で、
一個300円で販売。
ただ、貧困の活動に使われるのがたったの10%だったり、しかもその
10%の使用目的がハッキリされていなかったりと問題は山積のようですが・・・

買っていく人がこの状況を理解した上で購入しているかどうかは
わかりませんがでもこうした商品を購入させた上で、それが募金なり活動費
に使われるという方法は僕はいいと思います。それこそ、献血の
ギブアンドテイクと同じで。
ただ、「募金してください!」「献血してください!」よりは絶対、集まると思う。

今回のホワイトバンドには有名アーティストやアスリートも多数
参加していますし、そうした知名度の高い窓口があれば、浸透もしやすいでしょう。

影響を受け易いのは日本人の気質なのか、
映画「世界の中心で愛を叫ぶ」が公開されてから、骨髄バンクの登録者が一気に増えたといいますし、XJAPANのHIDEさんが骨髄バンクに登録していたと報じられた直後にも登録者が一気に増えましたしね。

テレビで「今世間では献血ブーム!」と煽れば、結構献血者も増えるんじゃないかな?・・・なんて思ってしまうんですが・・・あまいか。

セカチューのワンシーンのように、困っている時に「助けてください!」と
叫んでも誰も助けてくれないような世の中だけにはなってほしくないと
思う主任なのでした。

人気blogランキングへ一票お願いします
[PR]
by ygigant | 2005-09-27 11:36 | 健康